包茎の治療をするならアフターケアのことはしっかり聞いておこう

HOME>レポート>下半身のトラブルは自己管理が大事【包茎治療の極意】

下半身のトラブルは自己管理が大事【包茎治療の極意】

メンズ

注意点を知っておこう

包茎手術は男性コンプレックスを解消するためには、欠かすことのできない治療となります。ですが、この治療を受ける際には知っておきたい知識があります。包茎手術した当日は、下半身を濡らすことはできません。正確には、手術した部分を濡らさないということです。ですから、手術した当日はお風呂には入れません。シャワーを浴びることもできません。湯船に浸かることはもちろんできませんが、下半身が濡れてしまう可能性があるシャワーも浴びることはできませんので、そのことは知っておきましょう。また、マスターベーションをする際にも手術後から約1ヶ月はできませんので注意が必要です。つまり、手術を受ける前に亀頭の周辺を良く洗っておきましょう。またマスターベーションもしばらくできないことから、必要あればマスターベーションは手術前に済ませておきましょう。

股間

クリニックによるサポート

包茎手術をした後は、一番気を遣う時期になります。包茎治療でもっとも大事なことは、手術後の下半身の自己管理をしっかりと行うことです。まずは、しばらくは安静した日々を過ごすことです。激しい運動はしばらくできないので、普段からジョギングやウオーキングなどの運動をしている方はしばらく我慢しましょう。また、お酒を飲むことを控える必要があります。こうした下半身の自己管理においては、包茎手術したクリニックがアフターケアとしてしっかりとサポートしてくれます。せっかく男性コンプレックスから解放されるために包茎治療をしたのですから、クリニックによるアフターケアのサポートを受けながら、手術後の下半身のトラブルを防ぎましょう。